弊社の強み

S__58515472

2×4工法

2×4(ツーバイフォー)とは、主に北米において発展した木造住宅工法の建築工法の名前です。正式な名称として「枠組壁工法」と呼ばれます。 国内では通称2×4工法と呼ばれ、製材で組まれた枠組に構造用合板などを下張りした壁が相互に釘や金具で緊結され、建築物全体を一体の箱型 にして組まれ建物としては非常に強固なものとしているのが特徴です。枠組材の木材寸法は厚さ2インチx幅4インチ(乾燥材で38×89mm)のサイズ を基本に多く使われていたため2×4(ツーバイフォー)と呼ばれるようになりました。現在ではアメリカ、カナダの木造住宅の90%以上が2×4工法であり、ヨーロッパをはじめ世界各国に普及しています。日本でも、札幌の時計台が2×4の原型となる工法で建てられています。

この2×4工法は日本の伝統的な建築工法である「木造軸組工法」とよく比較されますが、木造軸組工法より施行が簡単な上に工期が短いのが大きな特徴です。

また、在来工法が線で家を組み立てるイメージなのに対して、2×4工法は面で家を組み立てていくイメージなので、一般的には在来工法よりも耐震性に優れています。

受注の流れ

Fotolia_81880744_Subscription_Monthly_M-960x720

とはいえ、お客様によってはこの2×4工法がどれだけ現状より優れているのか、どれだけ在来工法より良いのかなど、少しの説明ではなかなかご理解することが難しいと思います。簡単ではございますが、当社での受注の流れを下記に説明しますので、参考までにご覧下さい。

現場調査・打ち合わせ

Fotolia_56800838_XS

Coming soon・・・

次へ

STEP02

Fotolia_80377253_Subscription_Monthly_M

Coming soon・・・

次へ

STEP03

Fotolia_88850229_Subscription_Monthly_M-960x639

Coming soon・・・